お祝い事・お悔やみ事に電報は常識

スポンサードリンク
生活の中で、お祝い事・お悔やみ事というのは、いつあるかわからなくて急を要することが多いもの。

でも、そんな時に気の利いたメッセージを伝えられるというのは、ある意味マナーでもありますし、メッセージをもらった方としても大変嬉しいものですよね!

ところが、冒頭にも述べたように、お祝い事・お悔やみ事というのは自分の都合に合わせて行われるわけではありませんので、なかなか咄嗟には、伝えられるメッセージを思いつきません。

電報を打とうにも、伝えるメッセージがなくては、打ちようがありませんね。そこで、そんな時のために、ここではすぐに使えるいろんな電報文例をご紹介していきたいと思います。

もちろん、そのまま使うのではなくて、ご自身の言葉を盛り込んでオリジナリティーを出した方が個性を演出できますから、そういった場合にも、ベースとして参考にしていただければ幸いです。
posted by Denbun | 電報について
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。