電報に使える時候のあいさつ文例 − その8

スポンサードリンク
【8月】

・(残暑、残夏、晩夏、秋炎、初秋、立秋)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・残暑お見舞い申し上げます。

・残暑まだまだ厳しき折、

・残暑しのぎがたい日が続きますが、

・ひとときの夕立がちょうど良いお湿りとなり、

・暑さを忘れる盆踊りの音が風に運ばれてきます。

・立秋とは名ばかりで晩夏去りがたく、

・日中の暑さもようやくゆるみ、

・朝夕の風に秋の気配を感じる頃となりました、

・澄んだ空になんとなく秋の足音を感じるこの頃、

・ひぐらしの声がすぐそこまで秋を連れてきています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。