電報に使える時候のあいさつ文例 − その9

スポンサードリンク
【9月】

・(初秋、仲秋、爽秋、秋涼、孟秋、野分)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・暑さ寒さも彼岸までといいますが、今年は残暑厳しく、

・中秋とはいえ日中はまだまだ暑い日が続きますが、

・残暑も遠のき、ようやく秋の足音が聞こえる頃となりました。

・朝夕はようやく過ごしやすくなってまいりました。

・朝夕はめっきり秋めいてまいりました。

・涼風爽やかな季節を迎え、益々ご健勝のことと存じます。

・野分過ぎて爽秋の訪れを感じる今日この頃ですが、

・台風一過、空が高く感じられるこの頃ですが、

・日増しに秋色が濃くなる今日この頃、

・柿の実もすっかり朱色に染まり、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。