電報に使える時候のあいさつ文例 − その11

スポンサードリンク
【11月】

・(晩秋、暮秋、向寒、初雁、初冬、初霜)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・朝夕はひときわ冷え込む季節となりましたが、

・暦では立冬を過ぎましたが、穏やかな秋日和が続くこの頃、

・日増しに寒さが加わるようになってまいりましたが、

・秋雨が長く続き、一層冷ややかに感じられるこの晩秋、

・山一面の紅葉が目に鮮やかな季節となりました。

・虫の声も止み、冬の足音が聞こえてきそうな今日この頃、

・北国から初雪の便りも聞かれるこの頃ですが、

・そろそろこたつの恋しい季節となってまいりました。

・街路に散り敷かれた落ち葉が風に舞い上がり、

・街行く人のコート姿が目立つ季節となりました。

・暮秋の風寒く、街行く人の足も心持ち速く感じられるこの頃、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。