電報に使える時候のあいさつ文例 − その12

スポンサードリンク
【12月】

・(師走、孟冬、歳晩、寒光、初雪、霜夜、木枯らし)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・寒さもひとしお身にしみる季節となりました、

・師走の声を聞くや、寒さが厳しくなってまいりましたが、

・木枯らしに一段と寒さを感じる今日この頃ですが、

・冬将軍の到来で街中凍るような寒さが続きますが、

・新雪を冠した遠くの山々が目にも鮮やかな今日この頃、

・歳晩とは思えないような暖かな日が続いております。

・師走の声を聞き、なにかと気ぜわしい頃となりました。

・街中のクリスマスイルミネーションが目を楽しませてくれる季節となりました。

・光陰矢のごとしと言いますが、今年ももう年の瀬。

・年の瀬もいよいよ押し詰まってまいりましたが、

・今年も残すところあとわずかですが、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。