電報に使える時候のあいさつ文例 − 各月の異称と季語2

スポンサードリンク
【4月】

<異称>

卯月(うづき)、卯の花月(うのはなづき)、清和月(せいわづき)、鳥月(ちょうげつ)、花残月(はなのこりづき)、夏初月(なつはつづき)

<季語>

日永、※清明(せいめい)、麗らか(うららか)、春暁(しゅんぎょう)、春灯(しゅんとう)、木蓮、花月堂、行く春、花曇り、菜種梅雨

※清名・・・太陽の黄道上の位置によって定めた陰暦の季節区分である二十四節気のひとつで、天文学的には、太陽が黄道上の15度の点を通過するときを指す。新暦では、4月5〜6日ごろに当たる

【5月】

<異称>

皐月(さつき)、早月(そうげつ)、早苗月(さなえづき)、菖蒲月(しょうぶづき)、橘月(たちばなづき)、雨月(うげつ)、五月雨月(さみだれづき)

<季語>

※端午(たんご)、菖蒲、桐の花、新菜、若葉、新緑、夏めく、母の日、苗売り、向暑

※端午・・・月の5日のことも指すが、ここではもちろん端午の節句の意

【6月】

<異称>

水無月(みなづき)、葵月(あおいづき)、風待月(かぜまちづき)、鳴神月(なるかみづき)、常夏月(とこなつづき)

<季語>

短夜(みじかよ、たんや)、梅雨の出水(つゆのいずみ)、梅雨寒(つゆざむ)、夏の雲、夏至(げし)、昼顔、蛍、蝉生まれる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。