電報に使える時候のあいさつ文例 − その6

スポンサードリンク
【6月】

・(梅雨、長雨、初夏、小夏、薄暑、短夜)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・梅雨空が続くうっとおしい季節になりましたが、

・雨にしっとりとぬれて濃くなった緑が美しく、

・紫陽花のみごとな色彩が目に嬉しく、

・長雨つづきの今日この頃、

・まだ先の梅雨明けが待ち遠しいこの頃ですが、

・梅雨間に時折のぞく青空が恋しいこの季節ですが、

・初夏の風が心地よい季節となりました。

・日ごとに暑さが増してきていますが、

・暑気にわかに増す今日この頃、

・今年もいよいよ短夜の季節となり、

電報に使える時候のあいさつ文例 − その5

スポンサードリンク
【5月】

・(晩春、残春、惜春、新緑、若葉、薫風)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・行く春を惜しむ季節となりました。

・五月雨に洗われた若葉が目に清清しく、

・五月晴れの青空に鯉泳ぐこの頃、

・暦の上ではもう立夏ですが、

・日ごとに新緑が鮮やかになるこの季節、

・新緑に風光るこの季節、

・薫風に心弾む今日この頃、

・山々の新緑を渡る風さやかな良い季節となりました。

・目に青葉、山ほととぎす初がつおとか、

・日ごとに夏のような暑さを感る今日この頃、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。