電報に使える時候のあいさつ文例 − その4

スポンサードリンク
【4月】

・(陽春、春日、春粧、春暖、温暖、桜花爛漫)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・陽春の頃とはいえ花冷えの日が続きますが、

・花の便りも聞かれるようになりました。

・春たけなわで、桜の花も満開ですが、

・公園が花を愛でる人でにぎやかな季節となりました。

・散る花が惜しまれる今日この頃ですが、

・桜の花も散り、若葉がまぶしく感じるこの頃、

・菜の花に蝶が舞い遊ぶ季節となりました。

・春雨もそろそろ終わりを告げる今日、

・春眠暁をおぼえずと言いますが、

・おぼろ月に春宵の和みを感じる今日この頃、

・新入生・新入社員の姿が街にまぶしいこの季節、

電報に使える時候のあいさつ文例 − その3

スポンサードリンク
【3月】

・(早春、浅春、春風、春陽、浅春、軽暖)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・朝夕はまだ冷えるものの、陽射しはすっかり春めいて、

・日増しに暖かさを感じる頃となりました。

・春色の野にうぐいすの音がしきりに聞こえる今日この頃、

・山々の木々も芽吹きはじめました。

・春雨の音に季節の移ろいを感じるこの頃、

・昼は手に持つコートが煩わしく感じるこの頃、

・はやひな祭りの季節となりましたが、

・暑さ寒さも彼岸までと言いますが、

・桜前線の北上が何かと話題になるこの季節、

・卒業式シーズンまっさかりで、なにかとあわただしく、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。