電報に使える時候のあいさつ文例 − その2

スポンサードリンク
【2月】

・(残寒、晩寒、晩冬、立春、向春、梅花)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・残寒なお身にしみる日が続いております。

・立春は暦の上のことで晩寒なお厳しき折、

・向春とはいえ、まだまだ寒い今日このごろですが、

・またもの雪に春の足音が遠のく気がいたしますが、

・梅のつぼみもやっとふくらみ始めました。

・梅一輪一輪ほどの暖かさと言いますが、

・遠景の白銀に輝く山もその眩しさが消え、

・受験シーズンまっさかりで街もあわただしく、

・春一番が吹き、やっと春の訪れを感じるこのごろ、

電報に使える時候のあいさつ文例 − その1

スポンサードリンク
【1月】

・(頌春、新春、初春、迎春、厳寒、大寒)の(候、みぎり)

 ※上記は、()内の組合せで使用

・松の内も過ぎ、街もいつものように活気を取り戻していますが、

・鏡開きも過ぎ、お正月気分がとれてきた今日このごろ、

・寒気がことのほか厳しい日が続いております。

・本年は近年にない格別の寒さですが、

・今年は例年になく暖かな日が続いております。

・冬来たりなば春遠からじと言いますが、

・雪は豊年のきざしと昔から言いますが、

・新雪を冠した山々が目を楽しませてくれるこのごろ、
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。