電報に使える時候のあいさつ文例について

スポンサードリンク
手紙の書き出しと同様に、電報にも季節の言葉を添えて出すというのは、電報を受け取った相手の方にとって読みやすい(文章にすんなりと入りやすい)ものになります。

それが、なぜだかお分かりになりますか?

時候のあいさつは古くから日本の慣わしとなっていて私たちの生活に馴染んでいますが、季節の言葉から入るというのは、コミュニケーションに先立って季節という共通認識を持つことで、実際の用件に入りやすい雰囲気(なごみ)を作り出すということに他ならないからです。

もちろん、お悔やみ(弔電)など緊急性が高く、本来的に季節の言葉を添えるに相応しくない電報には使えませんが、お祝い(祝電)には使えますし、「どうも手紙で長文を書くことが苦手で・・・」というような方が相手の方に伝えたいことがある場合などに電報を代用する際にも使えます。

ここでは、そういった時候のあいさつ文例をご紹介しますので、上記のような場合に電報を出される際、是非使ってみてください。

用件だけを伝えるよりぐっとセンスの良い電報になること、うけあいですよ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。